2018年1月6日土曜日

❄祖父の獅子舞❄

こんにちは、品川八潮ショップ 小林です。

年末年始のお休みも終わり、お勤めや学校が始まった方も多いですよね。

皆さんはどんなお休みを過ごされたでしょうか?^^

私はこのお正月に、祖父にまつわる嬉しいことがありました。

親切心とは少しちがいますが、今日はそのことを書こうと思います。


一昨年の夏に亡くなった私の祖父は、長いこと地域のはやし連に所属していました。

毎年のお正月には私の家はもちろん近所のご家庭もたくさん訪問し、

笛や太鼓の演奏をしたり、ひょっとこの舞や獅子舞をして、新年をお祝いするのが恒例でした。


今年の元旦も祖父の所属していたはやし連の方々が我が家にいらっしゃり、

祖父の写真を持って最後にみんなで記念撮影をしようとした時のこと。

ひょっとこのかわいい踊りを披露してくれた女の子がぽつりと、

「私が赤ちゃんのとき初めて見た獅子舞がね、昌史さんだったの。」とつぶやいたのです。

それを聞いて私は胸がいっぱいになりました。

「昌史」というのは祖父の名前です。

その女の子が初めて見た獅子舞が祖父だったことが誇らしく、

それを覚えてくれていた彼女の気持ちが嬉しく、

さらにその子がおはやしをしてくれていることに、

何か祖父とおはやしとの強い繋がりを感じ、新年からとても心が温まりました。

記念撮影の際、祖父の写真はもちろん彼女に持ってもらいました。

天国からこの光景を見て、きっと祖父も喜んでいたと思います。